白内障は、カメラで言う「レンズ」にあたる「水晶体」に濁りが生じることで、光が通りにくくなり、目が見えにくくなる病気です。

白内障は「水晶体の濁り」が原因ですがこの濁りは突然現れるわけではありません。正確に言うなら水晶体の濁りは生まれた時からありますし、それが加速する=目の老化は加齢に伴って進行します。

つまり、誰にでも白内障になることはあります

だからこそ、白内障は治せる病気にもなってきました。しかし、その反面で、「この方法なら治せる」「この栄養素が治す」という情報もも多く存在します。

真実は何なのでしょうか?

このページでは、白内障の予防や治療に関わる情報と眼科で診察や治療を受けることの大切さを紹介していきます。

白内障治療は「手術」だけ。でも手術の腕も大事

眼科で白内障だと診断されても、それが軽度である場合には「薬」が処方され、そしてその後の経過観察が行われることがあります。

ですので、「初期」であれば、薬でも治せる!と思われる人も多いです。

しかし、白内障を治療するためには、「手術」しかありません。そして、手術ですから、それだけ「経験」のある眼科医に執刀してもらうことも大切です。

そこで確認しておきたいのが、担当医の白内障手術や硝子体手術、緑内障手術などの経験と専門性です。現在これらの経験を持っている眼科医はわずかだともいわれていますから、白内障の手術を受ける際には、慎重に病院選びをしていきましょう。

眼科医の腕が悪いことによる後遺症とは?

では、眼科医の技術が低い白内障手術においてはどんな後遺症が残るのでしょうか?

1つは「手術を受けても視力が出ない」ことが挙げられます。腕のいい眼科医は、その後「視力」も出るように、様々な技術を駆使して治療をしてくれますが、そうでない場合もあるので注意が必要です。

もう1つは、これは個人差があるようですが、術後に「目薬がしみる」「細菌に感染する」など、様々な症状が現れることです。このようなアフターケアもしっかりしてくれる、そんな信頼できる眼科医の下で、手術を受けるようにしましょう。

信頼できる眼科医を見つけるためにできること

では、そんな「信頼できる眼科医」と出会うにはどうしたらよいでしょうか?それは、「セカンドオピニオン」を求めることと、「目に関する知識をつけること」です。

この2つはどちらも重要です。なぜなら知識がないと、その眼科医が信頼できるのかはわかりませんし、セカンドオピニオンを受けたとしても、それが適切なアドバイスなのかが判断できないからです。

これについては、下記の本を読むと、眼科に関する知識をつけることができます。目のことを知らない人でも比較的読みやすい良書ですので、購入し、熟読するようにしましょう。

目に関する良書 目の症状と治療に関する良書

白内障を予防するサプリメントは?

このように白内障は眼科での手術によってしか治療をすることはできません。しかし、今後の白内障の「予防」ということであれば、サプリメントを有効活用するのが効果的です。

アメリカで行われた大規模な実験に「AREDS2」があります。

この実験は、国立眼科研究所が行った臨床試験で、4757名の被験者のデータをもとに、加齢黄斑変性と白内障に有効な栄養素や発症・危険因子が調査されました。

その結果、「ルテイン」「ゼアキサンチン」が、白内障の予防に効果がありそうだということが分かってきました。まだメカニズムは完全に明確にはなっていないものの、この2つの栄養素は「効果がある」と考える眼科医が多く、予防を考えるなら摂取しておきたい栄養素になります。

ここからは、予防のためにオススメのサプリメントを2つと、なぜルテインとゼアキサンチンが白内障予防に効果があると言われているのかを紹介していきます。

白内障予防にオススメのサプリメント1:めなり

まずオススメしたいのが、「めなり」というルテインサプリメントです。この「めなり」には以下の特徴があります。

  • ルテイン12㎎、ゼアキサンチン2.4mg
  • ルテイン:ゼアキサンチン=5:1の配合比(AREDS2と同一配合比)
  • 特許取得ビルベリーエキス170㎎を配合(アントシアニンの吸収率、持続率が約2倍、ルテインの吸収量が1.7倍)

AREDS2では、ルテイン10㎎、ゼアキサンチン2㎎で実験が行われましたが、それを超えるルテイン、ゼアキサンチンを摂取できるのが「めなり」です。

なおかつ、「特許取得ビルベリー」を使用しているため、相乗効果でルテインの吸収率も1.7倍にアップしています。

白内障予防を考えた時に、まっさきにオススメしたいルテインサプリメントです。

>>めなりの詳細はこちら

白内障予防にオススメのサプリメント2:ダイドードリンコ「クリアアイ」

もう一つオススメなのが、ダイドードリンコの発売する、ルテインとゼアキサンチンの2つの栄養素の機能性表示食品「クリアアイ」です。

大企業だからこその製造工程の安全の徹底、品質管理がされており、価格もめなりより安いという特徴があります。

ルテインは10㎎、ゼアキサンチンは2㎎配合し、配合比は5:1になっているほか、「めなり」には含まれていない「DHA」が配合されています。

>> クリアアイの詳細はこちら 

なぜルテインとゼアキサンチンが白内障予防に有効なのか?

ルテインとゼアキサンチンが白内障に有効なのは、ルテインとゼアキサンチンが目の網膜に多い

  • 黄色の
  • カロテノイド

だからです。ルテインが目に多く、「黄色」になっているのは、目に特に有害な「青色」の反対色で、青色の光を遮断できるからです

そして、「カロテノイド」ですので抗酸化作用があります。白内障は硝子体の濁りが原因ですが、その濁りの原因の1つである「活性酸素」を取り除く働きがあります。

このルテインとゼアキサンチンは「目に多い」栄養素です。年齢とともに減っていくもので、だからこそ加齢に伴って白内障が進行しやすくなりますので、予防のために摂取しておく価値はかなりあると言えます。