ルテインサプリは眼科医も推奨するサプリメントの1つで、場合によっては眼科独自で開発していることもあり、非常に信頼性が高い栄養素です。

そのため、本や雑誌、ネットで特集されることも多く、スマホやパソコンが普及して、目の疲れを感じる人も多くなったこともあり、「ルテインサプリ」を使用する人が増えてきました。

「目の疲れを何とかしたい」「スマホ老眼対策をしたい」そう思って、このページに来ている方もいるかもしれませんね。

そこでこのページでは、ルテインサプリの効果を最大限に発揮させるための適切な飲み方タイミングを紹介していきます。

ルテインは1日に何mg摂取するのが良いの?

ルテイン含有量

ルテインサプリをいつ飲めばいいのかという話の前に、確認しておかなければいけないことがあります。それが、今使っているルテインサプリの「ルテイン含有量」です。

これが基準を満たされていなければ、どれだけ摂取タイミングや飲み方に気を付けても、意味がないものになってしまいます。

ルテインは1日6㎎、できれば10㎎以上が良い!

では、ルテインは1日に「何mg」摂取すると良いのでしょうか?
これについては1つの結論が出ていて、現在の所、「1日6㎎以上」摂取すると良いことが分かっています。

これは、ルテインに関する数々の研究によって分かってきたことの1つです。

また、アメリカで行われた大規模な実験「AREDS」では、ルテイン10㎎のサプリメントが処方され、加齢黄斑変性や白内障の予防に効果があることがわかりました。

そのため、最低限6㎎以上、できれば10㎎以上のルテインを配合したサプリメントを選ぶようにしましょう。

過剰摂取の危険性・副作用はないけれど、用法容量を守ろう

また、ルテインには、過剰摂取による副作用がないと言われています。実際にアメリカのFAQとWHOの発表では、1日に2㎎/kg(体重50㎏の人なら100㎎まで)大丈夫だと発表されていますので、飲み過ぎても心配はないのです。

ただし、サプリメントには、ルテイン以外の成分も含まれていることが多いため、飲み過ぎてしまうとルテインについては大丈夫でも、他の成分の過剰摂取につながってしまいます。※特にビタミンAの過剰摂取には注意が必要です。

ですので、必ずサプリメント本体に書いてある「用法用量」を守るようにしましょう。ということで、今回の記事の本題「ルテインサプリをいつ飲むのが良いのか?」について紹介していきます。

ルテインサプリはいつ飲む?朝が良い?昼が良い?

いつ飲む?タイミングは?

ルテインサプリを飲むのに一番良い時間は、「朝」「昼」「夜」のうちどれでしょうか?実はどのタイミングで飲んでも効果があるため、飲むタイミングはいつでも良いということが分かっています。

しかし、「決まった時間に飲むこと」は非常に重要。朝なら朝、昼なら昼と決めて、24時間ごとに飲むのが、ルテインサプリの正しい飲み方です。※これは、ルテインが24時間効果が持続することが根拠となっています。

「疲れた時だけに飲む」「気の向いた時に飲む」といった飲み方をする人もいますが、これはオススメではありません。臨床試験データもないからです。

ですので、ルテインサプリを始めたら、効果のある・ないに関わらず、最低1か月間は、定期的に毎日飲むようにしましょう。

ベストは朝食後!ルテインサプリと併せて油分も摂取しよう

それでも「一番ベストな飲む時間を知りたい」という人もいると思います。そこでおすすめしたいのが「朝食後」です。

なぜならルテインサプリには「ビルベリー」などのポリフェノールも含まれていることが多くあり、これらは吸収力も高く、目の疲れやすい昼や夕方に効果が現れるからです。

「目の疲れがひどい」「夕方になるとピントが合わなくなる」といった、目の悩みを持っている人ほど、朝食後のルテインサプリの効果を感じることができるはずです。

朝食時に油もセットで摂取しよう

そして、飲み方のポイントは、朝食の中に「油分」を含めることです。例えばパンならバターを塗る、和食なら魚など脂の入っているものを食べるということです。

これは、ルテインが「脂溶性」であり、油にしか溶けない性質を持っているからです。

出来る限りルテインを効率よく吸収するためには、脂肪分が必要。そのため、朝食が「パンだけ」「ご飯だけ」などの場合には、油分を摂取する昼食後に飲んだ方が目の調子が良くなるかもしれません。

これについてはそれぞれの生活スタイルがありますので、各自の状況に応じて飲む時間帯をコントロールしてみてください。

まとめ

  • ルテインの含有量が6㎎以上のサプリを選ぼう
  • ルテインは毎日決まった時間に飲もう
  • 油の入った食べ物を食べてから飲もう

今回の記事をまとめると、以上の3点になります。ルテインサプリは、加齢黄斑変性や白内障などの眼病予防にもなるため、毎日忘れず、コツコツと続け、いつまでも元気な視力を維持していきましょう。