「最近、視界の中に虫がいる」
「気になってしょうがない」

飛蚊症の少々を感じると、「イライラ」したり「心配」になったり、仕事はできても「集中」できなかったり、生活に影響を及ぼしませんか?

できれば飛蚊症を解決して、もっと活き活きと生活したいなんて思うはず。

そこでこのページでは飛蚊症に効果があると言われるルテインについて、「具体的にどんな効果があるのか」「本当に治るのか?」についてお伝えします。

この記事に書いてあることを読んで、少しでも飛蚊症の解決に役立ててもらえばと思います。

飛蚊症の原因とルテインの効果

飛蚊症はなぜ起こるのでしょうか?それは「活性酸素」が原因です。

ヒトは目で見る時には「網膜」に映像を写してみます。この際同時に目に入ってきているのは「紫外線」です。

そんな紫外線は、目に活性酸素を発生させます。活性酸素が目に発生した結果、目の中にあるたんぱく質や脂質が酸化していきます。

ヒトの目の中には硝子体と呼ばれる「眼球の中身」となる部分がありますが、酸化の結果、硝子体が濁ることで飛蚊症が起こります。

「何も入れていない透き通った水」を光にあてても何もうつらないのに対して、「ゴミの入った水」を光に当てるとそのゴミの影がうつるはずです。

飛蚊症は「活性酸素による硝子体の濁り」が原因となっているのです。

ルテインの抗酸化作用が飛蚊症の予防につながる

飛蚊症は、目の中の硝子体を濁らせる「活性酸素」を取り除いてあげることが一番の予防策になります。

通常まだまだ若いころは活性酸素を分解する酵素であるSODが体内で分泌されやすいため飛蚊症にはなりにくいのですが、残念ながら年齢を重ねると、この活性酸素を分解する酵素は低下していきます。

つまり「若いころと同じ紫外線ダメージ」を受けても、回復力がないため飛蚊症になりやすいということです。

「若い子方がよくスマホを触ったりテレビを見ているのに飛蚊症に悩む人が少ないのはなぜ?」

と思うかもしれませんが、それは酵素が若いころの方があるからです。

※スマホやテレビなど、目を酷使しすぎると、年齢が若くても飛蚊症になることがあります。

飛蚊症に対するルテインの対策効果

ここまでお伝えしたように、飛蚊症の対策に効果的なのは下記の2つです。

  1. 目の中の活性酸素を取り除くこと
  2. 酵素(SOD)を活性化させること

そしてそこで役立つのが「ルテイン」です。

ルテインは「天然のサングラス」と言われている通り、目を紫外線ダメージから守ってくれます。抗酸化作用が高いため、活性酸素を除去してくれますし、活性酸素を分解する酵素のSODを活性化してくれます。

「これ以上飛蚊症を悪化させたくない」
「飛蚊症にはなりたくない」

そう感じていたら、ルテインサプリを「正しく」選んで、継続してほしいと思います。

○ルテインサプリの比較についてはこちら

ルテインサプリを効果で比較!11の指標でランキング化

ルテインは飛蚊症に対してどこまで効果があるのか?

ここまでルテインと飛蚊症との関係性についてお伝えしてきましたが、ルテインは「飛蚊症の治療薬」ではありません。

「予防」はできても、「治療」となると個人差があります。

ルテインを摂取することで「飛蚊症が治った!」という人もいますが、ルテインを摂取しても「飛蚊症に効果はなかった」という人もいます。

しかし、現状が治らないとしても、ルテインは「悪化させない」ために摂取することがおすすめです。

特にこのような方はルテインが不足していると言われています。

  • ストレスが多い生活を送っている
  • お酒やタバコ
  • 食生活は乱れがち
  • スマホやテレビ、パソコンをよく利用する

これらに当てはまる人のルテイン量は不足しているため、「活性酸素」が蓄積し、活性酸素を除去する「SOD酵素」も活性化されておらず、結果として飛蚊症になったり、悪化させたり、時には白内障や黄斑変性症になることもあります。

飛蚊症の症状を感じている=その他の目の病気のリスク

も潜んでいるということです。

ですので、積極的に「継続しやすい価格帯」のルテインサプリを使用しましょう。