ルテインサプリの中でも成分が充実していて、効果がある可能性が高いのが「めなり」です。そんな「めなり」は、効果の期待値が高いからこそ、私自身が一番期待して飲んだルテインサプリ。そして、実際に飲んでみて5つの効果を感じたので、今回口コミをしていくことにしました。

そんな私がなぜめなりを飲むことにしたのかと言うと、

  • 長時間のパソコン業務
  • 目の疲れを感じてきた
  • 新聞や化粧品表示などの細かい文字が見にくくなってきたから

なのですが、こんな状況にいる人がめなりを飲むと、どんな効果を感じ、どんな口コミをしたくなるのか?という視点で読んでいただけると幸いです。

めなりを飲んで感じた効果5つとは?

さっそく私自身がめなりを飲んでみて感じた効果を紹介していきます。※ただし、これは私自身の感想であって、効果を保証するものではありません。

めなりの効果1:目の疲れが減った

普段からパソコンやスマートフォンが仕事に欠かせない私が、まず真っ先に実感したのが「目の疲れの減少」です。

今までは1時間ほどパソコンを使うだけで、目の疲れを感じていたのですが、めなりを飲み始めてから、「疲れ」を感じることが減りました。

目の疲れによって集中力がよく途切れていたのですが、めなりを飲むと疲れの感じにくさから集中力がより保たれるようになりました。おかげで仕事の効率もアップしました。

めなりの効果2:細かい文字が見やすくなった

私は料理も普段からしなければいけないのですが、料理に便利なものの1つにクックパッドがあります。クックパッドは料理には大変便利なのですが、文字が細かくて、見るのが大変なんですね。

しかしめなりを飲み始めてから、そんなクックパッドが見やすくなりました。普段はかなり顔を近づけて画面を見ているのですが、今では何の苦労をすることなくクックパッドを見ることができています。

それとともに、「新聞」や「雑誌」などの細かい文字も見やすくなっていることに気づきました。今まで自分の目に栄養が足りていないことを実感しました。

めなりの効果3:目のしょぼしょぼ

昼ごろになるといつも感じていた目のしょぼしょぼ感。まばたきをしてもいまいち目がすっきりしなかったのですが、今まではそれを「当たり前」としてあきらめていました。

しかしめなりを飲み始めてから、そんなしょぼしょぼ感も減りました。

めなりの効果4:ピント調整機能の向上

運転をしているとあちらこちらにピントを合わせなければいけないのですが、今まではこのピント調整がうまくいっていない気がして運転も怖かった私。

しかし、めなりを飲み始めてから運転もかなり楽になりました。また、スマホの画面から目を離して景色を見たりする時にもさっと目のピントが合ってくれるようになりました。

めなりの効果5:ドライアイ

パソコンやスマホを長時間使用する私にとって、欠かせなかったのが「目薬」です。よく乾くので、しょっちゅう目薬をさしてはパソコンを使い、また目薬をさし・・・というのが日常でした。

しかしめなりを飲み始めてから、気づくと目薬をさす量が減っていることに気づきました。

ドライアイの原因は「乾燥」で、めなりとは関係ありません。この効果を感じた理由は分かりませんが、明らかに目薬の減る量が減ったので、紹介しました。

目を酷使する人はめなりの効果を実感しやすい

ここまで紹介した5つの効果は私自身の実体験ですが、ここから分かるのは、「目を酷使している人ほどめなりの効果を実感しやすい」ということです。

特に「パソコン」や「スマホ」は目にとってダメージを与えるものですし、目の違和感の原因にもなっているものですので、私のように日常からパソコンやスマホを長時間使う人はめなりの効果をより実感できるのかもしれません。

めなりの、目にあまり良くない効果とは?

このようにめなりは「目の疲れ」や「しょぼしょぼ」に対して効果が高いのですが、本来はパソコンやスマホの時間をもっと減らすことこそ目の健康にはいいはずです。

めなりを飲んでいると、目の疲れが感じにくくなるため、ついついいつも通りにパソコンなどを使用してしまいます。場合によっては「さらにスマホやパソコンを使うようになった」という人もいるほどです。

しかし、それが良いはずはありません。

出来る限りパソコンで作業する時間を短時間にできるように仕事の工夫をしたり、スマホゲームやテレビは「時間で区切って」使う事もあわせて行うことが一番目には優しいのです。

「めなりを飲んだから大丈夫」ではなく、「せっかくめなりを飲んでいるのだから、目にもっと優しい『生活』もしよう」と心がけることが一番大事ではないでしょうか?

それでは今回はめなりの効果について、私自身の実体験を紹介しました。ここまでお読みいただきありがとうございました。

>>めなり